メニュー
カテゴリー
ブログを始めてみたいならまずこちらクリック

【AdobeCCが45%割引】安い購入法!社会人・継続購入もOK!

この記事を読むのにかかる時間: 16

Adobe CCは普通に購入すると年間プランで72,336円です。画像編集や動画編集の業界スタンダードなので、高くても買わざるを得ないんですけどね…

でもどうせ買うなら少しでも安く買いたいと思い調べてみたら、実に約45%オフで変える方法があったのでご紹介。

この記事の内容
  • Adobe CCを安く買う手段は「Adobe公認スクールで学生としてAdobe CCを買うこと!」
  • 講義への参加は自由で、Adobe CCだけを使うこともできるスクールを紹介
  • 信頼性、社会人もOKか?2回目以降も購入できるのか?
この記事を読むと…
  • 通常は72,336円/年のAdobe CCが、約45%オフの39,980円/年で購入できる
  • 学生としてオンライン講座を受講できるので、ソフトの基本的な使い方がすぐ学べる
  • Adobe CCを使って、商用含めた好きな作品を作れる!!
タッチできる目次

Adobe Creative Cloudを格安で買う方法

調べてみたところ、オンラインのAdobe公認スクール「デジハリONLINE」で学生としてAdobe CCを買うことが一番安く買える方法みたいです。

どういう仕組みかというと、

  • Adobeが認めた学校では、講座+教材としてのAdobe CCを特別価格で購入できる
  • デジハリONLINEはオンライン講座で尚且つ講座受講を強要していない
  • なので実質Adobe CCを格安で買えることになる

ということらしいです。

ちなみに教材として購入できるAdobe CCは12ヶ月分で、商用利用可能で使えるソフトも特典の100GBクラウドサービスなども通常のAdobe CCと全く同じ。

つまり学生という特権を利用した、本物の格安販売となっています。

そのお値段と内容は、なんと39,980円。Adobe CCコンプリートプラン12ヶ月分+オンライン講座1ヶ月分のセットです。

格安販売なのに、オンライン講座もついてくるなんて。

本当に信頼できるの?

始めは僕も半信半疑でしたが、「デジハリ」といえば名前をよく聞く有名なスクールだし…

Adobeの公式サイトで調べてみたら、「デジハリ」は確かに公認スクールで、なおかつ最上位のプラチナパートナーでした。

アドビ スクールパートナープログラム – Adobe

デジハリONLINE」以外にもAdobe CCを安く買えるスクールはあるようなので、出来そうなものはこの記事の後半で簡単な比較もしてみました。

個人的にはオンライン受講特化、有名処ということで「デジハリONLINE」でよいと思いますが、気に入らない人は見てみてください。

【補足】「デジハリ」以外のAdobe公認オンラインスクール価格比較

実際に申し込んでみた

ということで、詐欺とか怪しいものでは無さそうなので実際に申し込んでみました。

結果が以下の通り。本当にできました。

少し頭を捻っただけで、約45%オフでAdobe CCを購入できたばかりか、ソフトの使い方講座までついてくるとは。

以下では早速、僕と同じ講座を「デジハリONLINE」で受講する方法を説明していきます。

【重要・社会人も受講可能?複数回受講できる?】デジハリONLINEのAdobeマスター講座とは?

【補足】「デジハリ」以外のAdobe公認オンラインスクール価格比較

【補足】スクール以外でAdobe CCを購入する方法(安くはありません)

Adobe CCを最安値で買う方法【デジハリONLINEのAdobeマスター講座】

申し込みは非常に簡単です。まずはさっそく以下のリンクから「デジハリONLINE Adobeマスター講座」のページを開きましょう。

STEP

ページが開けたら、少し下にスクロール。画面の右下にオレンジ色の「この講座にお申し込み」というボタンが出てくるので、ここをクリック。

STEP

ページが遷移するので、確認にチェックマークをしてオレンジ色の「Adobeマスター講座にお申し込み」ボタンをクリックします。

STEP

すると画面の上部に注意事項が表示されるので、確認して問題なければ「OK」をクリックします。

※申込後、一瞬でシリアルコードが発行されるためキャンセルはできません。

STEP

するとまたページが切り替わり、情報の入力画面になります。

金額が39,980円でAdobe CC 12ヶ月分と出ていれば問題なし。次へ進みましょう。

この際に「クーポン」や「キャンペーン割引」の項目がありますがAdobeマスター講座にはクーポンはありません。これ以上安くなることはないので安心して購入してください。

STEP

支払情報などを入力し、申し込みを確定させるとメールで『Adobe CCのシリアルコード』と『デジハリオンラインの受講URL』などが届きます。

※僕はすでに申し込んでいるので、今以上の画像を用意できませんでした。

来年、再度申し込むときに画像を用意してこの記事に反映するので、今はこれでご承知いただければ幸いです…

【Adobe Creative Cloudシリアルコード発行のご案内】にライセンスコードと入力URLが記載されているのでそこに入力するだけ。1分で終わります。

デジハリのオンライン講座は購入時に入力したメールアドレスとパスワードでログインが可能です。

早速Adobeソフトをインストールして、講座を受講したり、作品を作ったりして楽しみましょう!

【重要・社会人も受講可能?複数回受講できる?】デジハリONLINEのAdobeマスター講座とは?

Adobe CCを格安で購入する方法はすでに上記で説明しましたが、以下ではデジハリONLINE Adobeマスター講座ってどんなものなの?という疑問を解決しておきます。

社会人でも申し込めるの?商用利用は可能?

もちろん可能です!そもそもデジハリONLINEは「社会人が学びなおす」ための講座という側面が強くあります。気にせず申し込みましょう!

また、商用利用もOKです。ただ、アカデミックなので法人名義での購入はできません。

  • 法人名義での購入:NG
  • 個人名義での購入:社会人でもOK
  • 商用利用:OK

\今もっとも安く買えるのはデジハリ!/

Adobe CCをお得にゲット!!

1年後に再び同じコースを受講すれば、複数回受講も可能

デジハリONLINE Adobeマスター講座で購入できるのは「Adobe CC 1年ライセンス」です。なので2年目以降はもう格安で買えないのかどうか気になりますね。

結論からいうと、次年度以降に再度Adobeマスター講座へ申し込むことで更新が可能です。

デジハリの公式ページにも明記されています。

現在使用中の人も購入可能

このアカデミックプランでついてくるAdobe CCライセンスは使用開始の期限がありません。

もし現在使用中の通常ライセンス期間が残っている場合は、キャンペーン中に購入だけしておいてアクティベーションコードの入力を後回しにすればOK。

使用期限が残っている場合は期限が切れてから新しいコードを入力して延長しましょう。

\今もっとも安く買えるのはデジハリ!/

Adobe CCをお得にゲット!!

【重要】その他、デジハリONLINEのAdobeマスター講座に関する情報

デジハリONLINE Adobeマスター講座には、他にもこんな特徴があります。

  • Adobe公認のプラチナランクスクールなので安全安心
  • 申し込んだ瞬間からAdobe CCが使用可能!
  • Adobeソフトの基礎が学べる約46時間分のオンライン動画教材
  • 2か月間、3回までプロに添削してもらえる
  • PC2台まで利用可能
  • 支払方法は一括払いのみ

Adobe公認のプラチナランクスクールなので安全安心

Adobe CCを学割購入できるのはAdobe公認の認定オンラインスクールなので詐欺だとかそういうことは全く心配不要。

Adobe公式ページにも記載のある信頼できるスクールです。

参考:アドビスクールパートナー

申し込んだ瞬間からAdobe CCが使用可能!

他社は1週間以上かかる場合がありますが、デジハリONLINEだけは唯一ネットで購入完了と同時にコードが届くので深夜でもすぐにAdobe CCおよび受講を始めることが可能。

年末年始も関係なく24時間いつ購入してもすぐにライセンスが届きますよ。

デジハリは内容だけでなく購入時の利便性も最強!

Adobeソフトの基礎が学べる約46時間分のオンライン動画教材

46時間にも及ぶ動画で、実際の画面を見ながらAdobeCCの操作を学ぶことができます。

動画の中の講師とともに何かの作品を作りながら操作を覚えていくので、今までクリエイティブ系のソフトなんか使ったこともなかった僕でも楽しく操作を覚えることができました。

デジハリONLINE Adobeマスター講座では、Adobe CCの主要ソフトである「Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、After Effects、Dreamweaver、HTML、CSS」を基礎の基礎から学ぶことができます。

  • Photoshop、illustrator
    →デザインソフトの王道。広告やポスター、写真編集や3DCGのテクスチャなど
  • Premiere Pro、After Effects
    →動画クリエイターの神器。動画編集からVFXまでなんでもござれ
  • Dreamweaver、HTML、CSS
    →WEBサイトの基礎。WEBデザインを効率化してくれるツール
  • InDesign
    →グラフィックデザインを効率化してくれるツール

【再確認】AdobeCCの利用期間は1年間

デジハリONLINE Adobeマスター講座では、動画視聴期間は1ヶ月ですが、Adobe CCは1年間利用可能です

  • 動画は申込日から1ヶ月間視聴可能
  • Adobe CCはアクティベーションから1年間使用可能

つまり、お得な動画講座がついていること以外、製品版との差異は1つもありません。

\現在の最安キャンペーンはこちら/

Adobe CCをお得にゲット!!

PC2台まで登録可能

デジハリONLINE Adobeマスター講座で購入できるAdobe CCでは、PC2台まで登録が可能です。

自宅のデスクトップと持ち運び用のラップトップなど、複数端末で使えてめっちゃ便利。

これもかなり魅力的なポイントです。

分割払いは不可

デジハリONLINE Adobeマスター講座は、毎月の分割払いはできません。

Adobe公式サイトで購入する場合のみ毎月払いが可能ですが、当然Adobe公式サイトで購入すると料金が高くなるので注意が必要です。

デジハリのAdobeマスター講座は有効期限後の自動更新は無し

デジハリONLINE Adobeマスター講座には自動更新やサブスクリプションといった仕組みはありません。

単に1年間の利用券を買うだけって感じ。意図しない課金が発生しないのはメリットですね。

ちなみに、Adobe公式サイトで購入した場合には1年後に自動更新となり、決まった月に前もって解約しないと違約金が発生します。

【補足】Adobe CCコンプリートプランでできること

補足ですが、AdobeCCって何?ずいぶん高いけどそんな価値あるの?という方向けの説明を書いておきます。

結論からいうと、AdobeCCはクリエイターがほぼ必ず使用することになる必須ソフトで、業界ではWordとかExcelくらい、使うのが当たり前のソフトです。

Adobe CCを使ってできること

簡単に言うと、クリエイティブ系のすべてができます。

  • 動画編集・加工
  • 写真加工・管理
  • 3DCGのテクスチャやVFX
  • UIデザイン
  • Webデザイン
  • 名刺、パンフレット、ポスター等のグラフィックデザイン

多分まだまだ出来ることはありますが、代表的なものを書いてみました。

実際こういった業界の求人や、フリーランスの受注案件を見ると必須スキルに「Adobeソフトが使えること」を求められる場合がほとんどです。

Adobe CCは高価なソフトですが、このように必須スキルになっている以上、少しでも安く購入して使えるようにしておく必要があると思います。

また、Adobe CCが値段に応じた素晴らしいクリエイティブ体験を与えてくれるのも確かです。

Adobe CCで使えるソフト

Adobe Creative Cloudで利用可能なソフトはめちゃくちゃ多いです。

クリエイティブ業界最高峰のソフトが40個以上使い放題という超高コストパフォーマンス。

  • Photoshop
  • Lightroom
  • Illustrator
  • InDesign
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Premiere Rush
  • Adobe XD
  • After Effects
  • InCopy
  • Audition
  • Animate
  • Fresco
  • Dimension
  • Dreamweaver
  • Acrobat Pro

上記以外にも多くのソフトやサービスが使い放題です。
>>AdobeCCで使えるソフト一覧はこちら

その他にも、100GBの大容量クラウドストレージや「Adobe Fonts」というフォント使い放題サービスなど、クリエイターにとって至れり尽くせりなサービスが使えます。

複数ソフトを連携して利用できる

そんなに沢山のソフトは要らないんじゃないの?と思うかもしれません。

確かに全部を一気に使うことはありませんが、5個くらいのソフトを連携して使うことは多々あります。

例えば、

  • 動画やブログに入れる画像をPhotoshopで編集
  • Illustratorでロゴや見出しを作る
  • Photoshopとillustratorで作ったものをpremiere Proに取り込んで動画編集
  • 最後にAfter Effectsで動画にエフェクトをつける

みたいな。

それぞれのソフトが各機能に特化しているんですが、ソフト間の連携が自然に行えるようになっているため、多機能ソフトを1つ使うよりも深くて高度な作業が出来ちゃうんですよね。

Adobeソフト使うなら、CC(クリエイティブクラウド)一択

あと、どうせAdobeソフトを使うなら、実質的にCC(クリエイティブクラウド)一択という実情もあります。

以下のように、Adobeで選べるいろんなプランを見てみると、「どう考えてもCC使ったほうがええやん!」って感じです。

単体利用でいいと思っていても他のソフトを使いたくなるはずなので、初めからCCを契約しておけばよいというわけです。

あと、上記画像のAdobe公式サイトでAdobe CCを契約するとお高いですが、この記事で紹介している「デジハリONLINE Adobeマスター講座」なら約45%オフで購入可能なので、Adobe CCを使うメリットはさらに大きなものになります。

\普通に買うより圧倒的に安い/

Adobe CCをお得にゲット!!

【補足】「デジハリ」以外のAdobe公認オンラインスクール価格比較

AdobeCCを割引価格で購入が可能なAdobe公認のスクールは6社あります。

その中で、デジハリONLINEのように完全オンラインかつAdobe CCが格安購入できるスクールは3つ。

Adobe公認スクールとは

正式名称は『アドビ スクールパートナープログラム』といいますが、デジハリのように完全オンラインかつAdobe CCが格安購入できるスクールは3つです。

その他のスクールは数万円~数十万円の講座の中にAdobe CCがついているという感じで、今回の目的には合わないので除外しています。

というわけで、今回比較するのは以下の3スクール。

  • ヒューマンアカデミー
  • デジタルハリウッド
  • アドバンススクール

前はパソコンスクールISAでもAdobe CCの販売がありましたが、現在は終了しています。

公認スクール3社の価格差は?

この3社はどこを選んでもAdobe CCのセット購入が可能ですが若干の価格差があります。

オンラインスクール+AdobeCC1年プランの料金比較

価格では、ヒューマンアカデミー(たのまな)デジタルハリウッドONLINEが最安値です。

アドバンスクールオンラインは、セール時のみ他の2社と同価格になります。

僕はデジハリのAdobeマスター講座をお勧めします

価格では上記の感じですが、講座の内容やその他のメリットがあるので、僕は「デジハリONLINE Adobeマスター講座」をお勧めします。

メリットは以下の通り。

  1. 購入が比較的簡単
  2. 価格が最安値
  3. デジハリって有名
  4. AdobeCCのアクティベーションコードが届くのが超早い
  5. 講義ビデオの内容がわかりやすい
  6. デジハリ受講者限定の割引サイトがある

単純に価格が安いだけじゃなく、こんなに大きなメリットが盛りだくさん。

特に、他社は申込みを確認してからコードを発行しますが、デジハリだけは購入と同時にシリアルコードが送付されるので購入後即座にオンライン講座とAdobe CCが利用可能になります。

またデジハリ受講者限定でクリエイティブ素材を安く買えるサイトがあるのも、超大手のデジハリならではです。

【補足】スクール以外でAdobe CCを購入する方法(安くはありません)

最後に補足として、「デジハリONLINE Adobeマスター講座」などに頼らないでAdobe CCを購入する場合の手段と価格に触れておこうと思います。

ぶっちゃけ安くないし、お得でもないのであしからず。

Adobe 公式サイト

まずは多くの人がここからの購入を検討するであろうAdobe公式サイトの価格。

年間プラン:72,336円
一月あたり:6,028円

もっともコストパフォーマンスの良い年間プラン一括払いでも7万円超え。

これを見てAdobeソフトの購入をためらった人がほとんどだと思います。

\Adobe公式はこちら/

公式サイトをチェック

Amazon

お次は僕の生活に無くてはならないAmazon。

年間プラン:59,184円
一月あたり:4,932円

Amazonは公式サイトより少しだけ安くなっています。

ちなみにAmazonでは不定期でセールを行うことがあり、その時には42000円くらいまで値下がりすることもあります。

\Amazonでも購入可能/

AmazonでAdobe CCを見てみる

アカデミック版(デジハリONLINEの場合)

アカデミック版価格:39,980円(税込)
一月あたり:3,331円

圧倒的です。しかも、ここまでたくさん話してきたように通信講座のオンライン教材もセットです。

アカデミック版とはいえ社会人も購入可能、商用利用可能、2年目以降も再び契約可能などなど…正規版と100%同じソフトウェアなのでデメリットは皆無

恐るべし、です。

\現在の最安キャンペーンはこちら/

デジハリのAdobeマスター講座を見てみる

AdobeCC 価格比較まとめ

  • Adobe 公式:税込 72,336円/年
  • Amazon:税込 59,184円/年
  • デジハリ:税込 39,980/年

やっぱりデジハリのAdobeマスター講座のような、オンラインスクールでの購入が最適解のようです。

【補足】デジハリでAdobe CCを格安購入した感想

めっちゃ余談ですけど、実際に購入してみてどうだったのかも簡単にまとめてみました。

39,980円でもまだ高くない?

Adobe公式サイトで72,336円/年払うよりはいいけど、それでも年間39,980円は高くない?

僕自身、Adobeソフトを使う前は同じように思っていました。でも、以下の理由から「買ってよかった!」と思っています。

  • ちゃんと使い方がわかる
  • Adobeソフトの機能性は業界標準なだけある
  • 使っていて遠回りしてる感が一切無い

ちゃんと使い方がわかる

画像や動画の編集技術がなくては、ブログも動画も作れません。

発信者としてどうしたもんか…ということで無償ソフトや買い切り方の有料ソフトを使ってみたのですが、教材が少なすぎて使い方がわからない。

確かに機能的にはAdobeに劣ってないのかもしれませんが、クリエイティブソフトを使ったことのない僕みたいな初心者が使いこなすのは無理げーです。

対してAdobeは解説が多く、操作ややりたいことで困らない。この差は大きいです。

Adobeソフトの機能性は業界標準なだけある

ただ使い方が分かっても、出来ることが少ないのでは意味がありません。ですがそこは流石の業界標準Adobe。

Adobeがあれば、とりあえずどんな制作も可能です。

僕が何かやりたいと思って、Adobeで出来なかったことはありません。

裏ワザ的な使い方でも、業界のプロ達が使っているAdobeならネットや本位やり方が書いてありますしね。

使っていて遠回りしてる感が一切無い

Adobe CCはクリエイティブ業界でWordやExcelくらい当たり前のソフト。

そのため、「Adobe CCを使う経験」というのは、クリエイターとしての経験を積むうえで全く遠回りしている感がありません。

Adobe以外のソフトでは、やっぱり実務の役に立つかわからないという点で遠回りしている不安があります。

また事実として案件の応募条件に「Adobe CCが使えること」とある案件はめっちゃ多いので、クリエイターになりたい人はAdobe CCを一度は使うべきだと僕は考えています。

圧倒的な安さは最大の魅力

デジハリONLINEでAdobe CCを購入すると毎年32,356円がお得になります。

2022年5月にデジハリONLINE Adobeマスター講座でAdobe CCを買ってから今まで問題なく使えていますし、アップデートもしっかり入っています。

ならば、やっぱり安いは正義。浮いたお金で出来ることは無限大です。生活の自由度を増すにはよい選択だったと思っています。

現状、デジハリONLINEのAdobeマスター講座には何の不満も無し

僕は2022年5月よりデジハリONLINE Adobeマスター講座にてAdobe CCを使っています。

すでに半年以上経過したわけですが、現状何の不満もなく、来年もデジハリONLINE Adobeマスター講座を再購入予定です。

  • Adobe CCが約45%オフの39,980円
  • 購入後、すぐにメールでAdobe CCのアクティベーションコードが届く
  • 使えるAdobe CCは社会人、商用利用可、全機能付きのフルバージョン
  • アップデートも問題なく入る

デジハリONLINE Adobeマスター講座でAdobe CCを購入する、という方法はマジで胸を張って100%お勧めできます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タッチできる目次