『click me!』やりたいことが何でも出来るWordpressテーマ-SWELL-『click me!』

SWELL『この記事を書いた人』のプロフィール画像などを変更する方法を解説!公式サイトよりしっかり解説しています!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

お知らせ

当ブログはAmazon.co.jpその他のプロモーションを宣伝し、リンクすることによって紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイトプログラムを含みます

皆様が購入する商品の価格はなんら変動するものではございませんが、

応援として、本や電子機器などの欲しいものを買う時に当ブログのリンクを経由して購入頂けると非常に励みになります

リンクを経由さえすれば商品内容は問いませんので、気が向いた時には是非よろしくお願い致します。

この記事を読むのにかかる時間: 3
シエル

SWELLを使い始めたのに、記事の下の『この記事を書いた人』が空白になっていて困る!

どうすればちゃんと表示できるんだろう?

こんな悩みに応えます。

こんにちは、おもデジ!ライブラリのたこなまです。

おもデジ!ライブラリの概要
ノエル
ノエル
当ブログナビゲーター

『あの時こうすればよかった』
を無くす20代のための人生再スタートブログ

過去の選択に後悔があるからもう一度チャンスを!
に役立つ内容を記事にしています!

>>分かりやすいトップページで記事を探してみて!

SWELLを使いはじめて、気になったのがこの「この記事を書いた人」がうまく表示されない問題。

以下のように上手く表示出来るはずだったのに、初期設定では、空白で表示されてしまいます。

これ、どこをいじれば表示出来るのか分かりにくいですよね…。SWELL公式で確認しても、簡単な説明しかありませんでした。

自分で色々やってみたら上手く表示することが出来たので、今回は『この記事を書いた人』の編集方法と、要らない時の消し方を解説していこうと思います。

ではいこう!

ちなみにSWELLは、人気テーマの良いところを詰め込んで2019年3月に発売された何でもできる万能テーマ。詳しくは以下で!

目次

SWELLの『この記事を書いた人』を編集する方法

今回の記事では、SWELLの記事下に自動で表示される『この記事を書いた人』について、以下の2つの編集方法を紹介します。

  • 『この記事を書いた人』を非表示にする方法
  • 『この記事を書いた人』の内容やプロフィール画像を編集する方法

それぞれ画像付きで解説していくので、役立ててくださいね!

『この記事を書いた人』を非表示にする方法

この設定は必要ない!という方は『この記事を書いた人』を表示しないようにすることも出来ます。

やり方は簡単。

STEP
カスタマイザー>「投稿・固定ページ」>「記事下エリア」を開く
STEP
著者情報のエリアの設定で変更

ここで『著者情報を表示』のチェックを外せば、『この記事を書いた人』は表示されなくなります

簡単ですね。

『この記事を書いた人』の内容やプロフィール画像を編集する方法

では次に、『この記事を書いた人』の内容を編集する方法を解説していきます。

表示するかしないかはカスタマイザーで設定できましたが、内容はWordPressのダッシュボードから編集します。

STEP
ダッシュボード>ユーザー>プロフィールを開く

まずは、WordPressのダッシュボードからプロフィールを開きます。

以下のような画面が出ればOKです。

STEP
内容を編集しよう

プロフィールの編集画面を開いたら、中身を編集しましょう。

プロフィールの中身は、『この記事を書いた人』と以下のように対応しています。

最後に保存を押せば、『この記事を書いた人』の設定は終了。

とはいえ、プロフィール画像だけは、Gravatarという外部サイトで設定が必要です。

ちなみにGravatarを使わずにプロフィール画像を設定することも可能です。
【この記事を書いた人】Gravatarを使わず画像を設定する2つの方法

どの方法もめんどくささは変わりません。

お好みの方法でプロフィール画像を設定してみてください。

では今回はここまで。

今後も当ブログでは、20代のための人生再スタートに役立つ情報を発信していきます!

収益化のための情報やスキルや、趣味として楽しむためのネタまで、幅広く発信していくので、良ければ当ブログのトップページから見てみてね!

>>記事を探しやすいトップページで記事を見てみて!

ばいっ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる