MENU
Aicii(あいしぃ)
独学3DCGクリエイター
CGを始めたいけどどうすればいいか全く分からない…を解決🏆

3DCGソフト「blender」を中心に、役立つ情報やお財布事情改善テクをゆるっと発信中!!✨

【経歴】
社会人2年目でCGにどハマり→独学で0からCGを仕事に

その他使用ソフト→Photoshop、Illustratorなど

好き
エモい情景、ホラー全般、美味しいグルメ
カテゴリー

暇な休日や夜とはオサラバ!?2021年の注目新作ゲーム11選

URLをコピーする
URLをコピーしました!
この記事を読むのにかかる時間: 11

休日暇でなんだか時間を無駄にしている気がするなあ

せっかくの休日なのに結局だらだら過ごして、もったいないなあ

と思っているそこのあなた。今年はゲームで暇つぶしで決まりかもです。

なぜなら2021年は近年無いほど、神ゲーの予感がするゲームが沢山発売予定だから。

また、ストーリ―が深くて世界観に浸れるゲームの発売予定が多いのも今年の特徴。きっと退屈しないはずですよ。

ということであいさつが遅れました。おもデジ!ライブラリのたこなまです。

今回は2021年発売予定の神ゲーをリストで一挙紹介する記事。

まだ発売されないもの、発売日すらわからないものも多いのですが、今年は近年稀にみる豊作の年になりそうです!

今までアクションゲームにしか馴染みのなかった人も、反対にアクションゲームはやってこなかったという人も、果てはスマホゲームしか遊んでこなかった人も、きっと興味がわくゲームが沢山発売予定ですよ。

  • ゲーム好きだけど面白そうなのが無くて・・
  • ゲーム機では遊んだことないなあ。

という方も是非見ていってくださいね。

特に『月姫』はFateの作者が贈る、世界中が10年も待ち続けた神ゲーです。

2021年3月追記!

『月姫 -A piece of blue glass moon-』の発売日が決定しました!

3/31からさっそく予約開始なので、初回限定生産版が欲しい方は忘れず予約しましょう!!

<<月姫 -A piece of blue glass moon-の紹介部分に移動

ではいこう! 

目次

2021年は暇を吹き飛ばしてくれる神ゲーが沢山発売予定!!

2021年は、一年を通して暇を吹き飛ばしてくれる神ゲーが沢山発売予定です。

なぜ今年はそんなに神ゲーが多く発売されると予想できるかというと、神ゲーのリメイク作品や続編が多いから。

『仁王』や『Bloodborne』、『天穂のサクナヒメ』のように新作のゲームとして発売された上で神ゲーとされるゲームはそう多くはなくて、話題作として世に出ても、すぐに値下げが始まってしまうゲームも沢山あります。

でも、今年2021年には新作のゲームはもちろんのこと、『神ゲーのリメイクや続編』もたくさん発売予定です。

そのどれもが独自の世界観を持ち世界に浸れるほど重厚なストーリーを持つゲームなので、今年は本当に期待が高まりまくり!というワケ。

爽快感を味わって終わりじゃない、プレイ後に『名作だった・・』あなたにと思わせてくれそうなゲームが盛りだくさんですよ。

恐らく「あのゲームもリメイクされるの!?」というゲームもあるかと思うので、ぜひ最後まで見ていってくださいね!

リトルナイトメア2

  • プラットフォーム:
    Switch、PS5、PS4、Xbox Series X、Xbox One、PC
  • 発売日:
    Switch、PS4:2021年2月10日発売予定
    Xbox One、PC:2021年2月11日発売予定
    PS5、Xbox Series X:2021年発売予定
  • 発売元:バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格:
    通常版:3600円[税抜](3960円[税込])(ダウンロード版同価格)
    スペシャルエディション:4300円[税抜](4730円[税込])(※Nintendo Switch版のみ ※ダウンロード版のみ)
    デラックスエディション:4800円[税抜](5280円[税込])(※PS4版、PC版のみ ※ダウンロード版のみ)
    リトルナイトメア1+2 バンドルエディション:5400円[税抜](5940円[税込])(※PS4版のみ ※ダウンロード版のみ)

不気味なキャラクターと、謎の多いストーリーが魅力の『リトルナイトメア』の続編です。

2Dゲームの中でも群を抜いてホラーストーリーが秀逸な本作。

電波塔に支配された世界を舞台に、少年“モノ”を操作し、テレビを介して世界に広がる悪の源を暴いていくサスペンスアドベンチャーです。

モノはレインコートの少女“シックス”と協力して謎を解いたり、トラップを回避したり、敵を撃破したりしながら電波塔を目指していきます。

小さな子どもから見た世界のように、鍋や包丁、扉やベッドなどあらゆるものが非常に大きく、危険な物のように感じさせるサイズ感が印象強い作品。

小さいころに熱を出して寝込んでいると、何か大きなものが沢山出てくるような怖い夢を見た覚えはないでしょうか。

このゲームはまさにそういった感覚を思い出させてくれるホラーゲームで、謎に溢れたストーリーも相まって言いようのない不気味さを味わえます。

『リトルナイトメア2』インタビュー。前作との関係性は? AIで動くシックスとの協力がポイントに【gamescom 2019

ジャックジャンヌ

  • プラットフォーム:Switch
  • 発売日:2021年3月18日
  • 発売元:ブロッコリー
  • 価格:
    通常版:7800円[税抜](8580円[税込])
    限定ユニヴェールコレクション:12300円[税抜](13530円[税込])

ジャックジャンヌ』は、マンガ『東京喰種トーキョーグール』などの作者として知られる石田スイが、原作やキャラクターデザイン、シナリオ、ゲーム内イラストを手掛けたゲーム。

男性だけで構成された劇団、玉阪座が有するユニヴェール歌劇学校に女であることを隠して入学した主人公“立花希佐”が仲間たちと絆を深めていく青春群像劇です。

石田スイ氏とブロッコリーの新規プロジェクト『ジャックジャンヌ』、歌劇学校の青春物語が開幕! 主要キャラや物語の舞台、ゲームシステムを解説

主人公となる“立花希佐”は、2つの約束を条件に男性だけで構成された劇団への入団を許される。

それは、1年の最後にある最終公演で主演になること。そして、女性であることを隠し通すこと……。

自身の夢をかなえるため、クラスの”歯車”となって動く希佐の先に待ち受ける運命とは…!

絵の描き方が完全に石田先生ですね。

これとかもうカネ…( `Д)┌┛)`д) ;∴ウルサイ!

なんにせよ、”世界の歯車になる主人公”というコンセプトは東京喰種にも通じる世界観です。

単なる劇団での青春ストーリーになるはずもなく。。という気がしますね。

モンスターハンターライズ

  • プラットフォーム:Switch
  • 発売日:2021年3月26日発売予定
  • 発売元:カプコン
  • 価格:
    通常版:7990円[税抜](8789円[税込]
    ダウンロード版:7264円[税抜](7990円[税込]
    デラックスエディション(ダウンロード版):8173円[税抜](8990円[税込])
    狩友ダブルパック:15254円[税抜](16779円税込])

『モンスターハンターライズ』は、『モンスターハンター』シリーズの最新作。

“翔蟲”に“オトモガルク”、”操竜”など、新要素が満載のモンハンです。

もう言うことはありません。アクションゲームが好きな方なら絶対に楽しめるゲーム。

今回はニンテンドーswitchの独占タイトルなので、過去作の『モンスターハンター3』や『モンスターハンタークロスシリーズ』のように、モンハン未経験の方でも楽しめるソフトになっています。

どことなく「和」の空気が漂う新作モンハンは買って後悔の無い数少ないゲームの一つです。

モンスターハンターシリーズはやりこみ要素もとてつもないので、暇つぶしには最高のゲームですよ。

【モンハンライズ】体験版の内容と配信期間|2月1日以降も遊べる?【MHRise】

Switch『モンスターハンターライズ』配信まとめ。体験版は1月8日(金)配信開始! モンスターに乗って操る“操竜”システムが発表【随時更新】

『モンスターハンターライズ』メディア先行体験会リポート。翔蟲の感触は? ついに新時代の狩りに触れる、動かせる!【プレイ動画あり】

NieR Replicant ver.1.22474487139…

  • プラットフォーム:PS4、Xbox One、PC(Steam)
    ※Xbox One、PC版はダウンロード販売のみ
  • 発売日:2021年4月22日発売予定
    ※PC版は2021年4月24日配信予定
  • 発売元:スクウェア・エニックス
  • 価格:7800円[税抜](8580円[税込])

有名そうであまり知られていない神ゲー。

NieR Replicant ver.1.22474487139…』は2010年4月に発売された『NieR Replicant』をベースにゲームシステムや世界観、音楽など、さまざまな要素をリメイクした最新作です。

この『NieR Replicant』というゲームは、2017年2月に発売されて世界累計出荷・ダウンロード販売本数が500万本を突破した『NieR:Automata』の世界の前日碑。

世界的に有名な美人キャラ「2B」が生み出される前の世界での話です。

ニーアシリーズが描くのは近未来でのヒューマンドラマ。

世界のためでなく、誰かのために戦うということをコンセプトにした感動できるシナリオです。

圧倒的に美しい世界で繰り広げられる、確かに意味のある物語。

アクションゲームなのにストーリーは最高というレアなゲームです。

アクションゲームで泣きたい人はぜひ。

バイオハザード ヴィレッジ

  • プラットフォーム:PS5、PS4、Xbox Series X、Xbox One、PC(Steam)
  • 発売日:2021年5月8日発売予定
  • 発売元:カプコン
  • 価格:
  • パッケージ版 ※パッケージ版はPlayStation5、PlayStation4のみ発売
    通常版:7990円[税抜](8789円[税込])
    コレクターズ エディション:28790円[税抜](31669円[税込])
  • ダウンロード版
    通常版:7264円[税抜](7990円[税込])
    デラックス エディション:8173円[税抜](8990円[税込])※PC版のみ8276円[税抜](9103円[税込])
    バイオハザード ヴィレッジ&バイオハザード7 コンプリートバンドル:9082円[税抜](9990円[税込])
    トラウマパック(別売DLC):1182円[税抜](1300円[税込])

ロゴに“VIII”を冠した『バイオハザード』シリーズの最新作。

どうでもいいことなんですけど、最近のバイオハザードってすごく当て字を多用しますよね。

『バイオハザード:REシリーズ』も海外だとタイトルの『resident evil』のRとEに対応してますし。

詳細は分かりませんが、タイトル決めてからストーリー決めてたりして(笑)

さて、今作『バイオハザード ヴィレッジ』は前作『バイオハザード7 レジデント イービル』に続く物語が描かれます。

前作の主人公である“イーサン・ウィンターズ”や、シリーズを代表するキャラクター“クリス・レッドフィールド”などが勢ぞろいで、アナウンストレイラーではクリスがイーサンを襲う様子も。

前作に続きゲームは一人称視点で、イーサンの素顔は明かされないまま。

ストーリーには関係ないんでしょうが、ここまで隠されていると何かを疑ってしまいますね。

また、日本語で「村」というタイトルに加えて怪しい城のステージや武器商人が出てきているところもポイント。

バイオハザードを知っている人なら、『バイオハザード4』にそっくりでは?と思う人も多いはず。

なんらかの伏線でしょうか?普通にバイオハザードシリーズの名作になりそうな予感です。

DEATHLOOP(デス・ループ)

  • プラットフォーム:PS5、PC
  • 発売日:2021年5月21日発売予定
  • 発売元:ベセスダ・ソフトワークス
  • 価格:
    通常版:7980円[税抜](8778円[税込])
    Deluxe Edition:9980円[税抜](10978円[税込])

DEATHLOOP』は、『Dishonored』を手掛けたスタジオ、Arkane Lyonによる次世代のFPSゲーム。

舞台となるブラックリーフ島では、主人公となる暗殺者が謎のタイムループに閉じ込められ、永遠に同じ一日をくり返す運命に翻弄されることになります。

このループを終わらせる唯一の方法は、一日がリセットされる前に8人の重要人物を暗殺すること。

ステルスで身を隠しながらステージを進んでいったり、派手に銃撃戦を繰り広げたりと、自分好みのプレイスタイルで暗殺を行い、ループから脱出するのがゲームの目的です。

”FPSゲーム×ループ”という異色のゲームで、主人公は同じ毎日を繰り返しながら少しずつ正解に近づいていくのでしょう。

ループものの映像作品は多いといっても、まさか自分がループする世界に入り込んで遊べる機会はそう多くはないはず。

ループするというのがどういうことなのか、新感覚を届けてくれるゲームになりそうです。

FPS『DEATHLOOP』ゲームで銃がジャムるとコントローラーのトリガーも固まるなど、PS5版ではDualSenseコントローラーの各機能を活用

月姫 -A piece of blue glass moon-

  • プラットフォーム:Switch、PS4
  • 発売日:2021年8月29日
  • 発売元:TYPE-MOON(販売:アニプレックス)
  • 価格:
  • 〈パッケージ版〉
    初回限定版 希望小売価格:8,800円(税込)
    初回限定特典:設定資料集「月姫マテリアルⅠ-material of blue glass moon-」(約100P)、武内崇描き下ろし特装化粧箱
    通常版 希望小売価格:7,700円(税込)
  • 〈ダウンロード版〉
    デジタルデラックス版(PS4のみ) 希望小売価格:8,250円(税込)
    デラックス版特典:設定資料集「月姫マテリアルⅠ-material of blue glass moon-」(約100P)デジタル版
    通常版 希望小売価格:7,700円(税込)

今年私が一番楽しみにしているゲーム。

TYPE-MOONが2000年に発表した長編伝奇ビジュアルノベルゲーム『月姫』を、奈須きのこ氏、武内崇氏をはじめTYPE-MOONスタッフにより、面影を残しつつ新たなる表現とともにリメイク。

モノの壊れやすい線“死の線”を見る能力を持つ主人公・遠野志貴を中心に展開される濃厚なストーリーのノベルゲームです。

この月姫、Fateシリーズでお馴染みのTYPE-MOON(型月)の代名詞ともいえる神ゲーでして、リメイク制作の発表からなんと10年経ってついに発売が決定しました。

その反響たるやすさまじく、日本だけでなくアメリカ、ブラジル、スペイン、フランス、カナダ、イギリスでもTwitterのトレンドに入るくらいの人気ぶり。

あの日ゲームを遊んだ少年も社会人になる現在に月姫が蘇るというのはそれくらいの衝撃なのでしょう。

下の画像がヒロイン。

Fateを知る人ならわかるでしょうが、この『月姫』もFateに劣らないくらいの神ゲーです。

それこそ、ゲームの世界観に漬かりすぎて、自分は何をしているのかと生き方を考え直すくらい。

私はこのゲームだけは、絶対にプレイします。

『月姫』リメイク版2021年夏にPS4/Switchで発売決定。奈須きのこ氏・TYPE-MOONがおくる伝奇ビジュアルノベルが家庭用ゲームで蘇る

『月姫 -A piece of blue glass moon-』の予約は3月31日から!!

初回限定版が欲しい方は夜更かしして予約しましょう!

ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)

  • プラットフォーム:Switch、PS4
  • 発売日:2021年秋発売予定
  • 発売元:MAGES.
  • 価格:未定

ANONYMOUS;CODE(アノニマス・コード)』は『カオスヘッド』や『シュタインズ・ゲート』をはじめとする、科学アドベンチャーシリーズの最新作。

2037年の東京・中野を舞台に、ハッカーである主人公“高岡歩論”が、謎の少女“愛咲もも”との出会いをきっかけに、世界の巨大な謎に迫ります。

歩論の持つ“セーブ&ロード”の能力を通じて、歩論とプレイヤーが相互的に影響しながら物語が進行するのが本作の特徴。

2020年10月に公開された映像では、『シュタインズ・ゲート』シリーズに登場する紅莉栖(アマデウス?)もいるので、これまでの科学アドベンチャーシリーズとの関連性もあるのかもしれません。

このゲームもまた、発表から5年ほどが経過してなお多くのファンに待たれている神ゲーです。

こちらもまだ多くの発表はされていないため、公式サイトへのリンクを貼っておきます。

真・女神転生V

  • プラットフォーム:Switch
  • 発売日:2021年発売予定
  • 発売元:アトラス
  • 価格:未定

『真・女神転生V』は2013年にニンテンドーDS向けに発売された『真・女神転生IV』から約8年ぶりの続編です。

ほとんど情報は出ていませんが、プロデューサーの山井一千氏いわく、「どのシーンにも何かしらの意味を込めています。」とのこと。

例えば、上のPVに出てくる”Shekinah Glory”という単語は直訳すると“神の奇跡”だが、ゲーム本編ではこの単語に本当の意味があることが分かるのだそう。

このように、私たちの予想を逆手にとったゲームが出来上がりつつあるということで、更なる情報が待たれますね。

完全新作『真・女神転生V』の“メガテンらしさ”はどうなるのか? プロデューサー・山井一千氏が語る、開発の本格化と“成功祈願”に込めた思い

鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚

  • プラットフォーム:PS4
  • 発売日:2021年発売予定
  • 発売元:アニプレックス
  • 価格:未定

もはや日本中で知らないものは居ないともいえる作品『鬼滅の刃』のゲーム。

ブームなので載せたんですが、私はそんなに期待していません(笑)

というのも、「マンガやアニメをゲームにする」ことの成功例がほとんど無いから。

どんなゲームになるのかは分かりませんが、この手のゲームにありがちな「ストーリー追体験」というシステムが無く、オリジナルのストーリーがあれば楽しめるかもですね。

Ghostwire: Tokyo

  • プラットフォーム:PS5、PC
  • 発売日:2021年発売予定
  • 発売元:ベセスダ・ソフトワークス
  • 価格:未定

Ghostwire: Tokyo』は、『バイオハザード』シリーズなどを手掛けた三上真司氏の新作タイトル。

人口の99%が消滅した東京を舞台に、さまざまな特徴を持った“Visitors”と呼ばれる霊たちと戦って東京を超常現象から救うゲームです。

まだ詳しくは発表されていませんが、このゲームはオープンワールドに近いステージでプレイできそうです。

東京という街は、世界でも有数の特徴豊かな街です。

嘘か本当かわかりませんが、その多様性はかの有名な『グランド・セフト・オート』の舞台として候補に挙がるほどだったが、東京には細かい路地が多すぎてステージ化を断念したのだとか。

その東京がPS5という超高精細なグラフィックでいよいよゲームとして遊べるようになるのだから、楽しみでないはずがありません。

このゲームに関しても、詳細な情報が未発表のため公式サイトへのリンクを貼っておきます。

続報に応じて記事を更新!

今回は、2021年に発売予定の神ゲーを沢山紹介しました。

発売はされていないので実際神ゲーかどうかは分かりませんがね(笑)

とはいえ、最初にも言った通り今年のゲームはリメイクや続編が沢山。

その意味で、間違いなく名作と呼ばれるゲームが多く生まれるはずです。

この記事は、各新作ゲームの続報が出るたびに更新していきますので、ぜひ定期的に訪れてみてください。

ということで、今回はここまで。

今後も、Fate、FGO、ホラー、お酒、ゲーム、覇権アニメ、旅行、最新時事、本に関する、私と同じ20代向けネタを発信していきます!

役に立ったら、Twitterフォロー等よろしくお願いしますね。

ばいっ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる