『click me!』やりたいことが何でも出来るWordpressテーマ-SWELL-『click me!』

検索意図を調べる3つの方法、活用事例を解説!【SEOで重要な理由も紹介】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

お知らせ

当ブログはAmazon.co.jpその他のプロモーションを宣伝し、リンクすることによって紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイトプログラムを含みます

皆様が購入する商品の価格はなんら変動するものではございませんが、

応援として、本や電子機器などの欲しいものを買う時に当ブログのリンクを経由して購入頂けると非常に励みになります

リンクを経由さえすれば商品内容は問いませんので、気が向いた時には是非よろしくお願い致します。

この記事を読むのにかかる時間: 6
  • 検索意図が重要って聞くけど、何がそんなに重要なの?
  • 検索意図の調べ方を知りたい
  • 検索意図の活用法も知りたい

こんな悩みに応えます。

こんにちは、おもデジ!ライブラリのたこなまです。

おもデジ!ライブラリの概要
ノエル
ノエル
当ブログナビゲーター

『あの時こうすればよかった』
を無くす20代のための人生再スタートブログ

過去の選択に後悔があるからもう一度チャンスを!
に役立つ内容を記事にしています!

>>分かりやすいトップページで記事を探してみて!

SEOでもブログアクセスを伸ばす時でも、検索意図はめちゃくちゃ重要です。

なぜなら、検索意図を汲みとってSEOライティングすれば、読者が欲しい情報を伝えて心に刺さる記事を作れるから。

結果として、ユーザー満足度が上がり検索エンジンに評価してもらえるので、検索結果での上位表示も狙えます

さらに、セールスライティングと組み合わせれば、自然に商品販売もできて一石二鳥です。

私が、当ブログで1万PVほど出せている理由も、検索意図を記事制作に盛り込んでいるからです。

今回は、検索意図の重要性や、調べ方、記事で使う方法をご紹介していきます。

この記事を読むことで、検索意図をブログのアクセスアップに使うための3つの方法を理解でき、読者の心に刺さるコンテンツ作成をする方法が分かりますよ

目次

SEOで検索意図が大事な理由とポイント【読者のニーズを満たせない記事に価値は無い】

【前提知識①】検索意図=検索ニーズ

検索意図とは、ユーザーが検索して満たされたい欲求、つまり『検索ニーズ』のことです。

はっきりしていなかった人も、『検索ニーズ』の重要性は聞いたことが多いですよね。

『検索ニーズは重要だって聞くけどよく分からない』という人のために、以降では前提知識として検索ニーズの種類を紹介しておきます。

検索意図=検索ニーズには、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類がある

検索意図=検索ニーズには大きく分けて2つのタイプがあり、

  1. 顕在ニーズ
  2. 潜在ニーズ

があります。それぞれ、解説していきます。

①:顕在ニーズとは?

ユーザーが自分で把握しているニーズ。

実際に検索するときに入力するキーワードのことで、本記事であれば「SEO 検索意図 重要」です。

上記キーワードなら、”検索意図の重要性を知りたい”とかが大体の顕在ニーズですね。

②:潜在ニーズとは?

ユーザーが自分でも把握していないニーズ。

実際に検索するキーワードには現れないので、自分で読者の気持ちを考えて把握する必要があります。

具体的には、「顕在ニーズを満たした後、ユーザーが次に知りたいこと」が潜在ニーズ

例えば「ブログ ジャンル」というキーワードの場合、以下のような検索意図が考えられます。

  1. 顕在ニーズ:ブログジャンルの決め方を知りたい、ブログジャンルのおすすめを知りたい
  2. 潜在ニーズ①:ジャンルを決めた後にブログを開設する方法を知りたい
  3. 潜在ニーズ②:ジャンルを決めた後にそのジャンルで実際稼いでいるブログを知りたい

潜在ニーズは考え方によって色々なニーズが考えられます。

とはいえ、「顕在ニーズを満たした後、ユーザーが次に知りたいこと」が潜在ニーズなのは変わりありません

お店に行ったときに、自分の期待を上回るサービスを受けたときに感激するのと同じで、潜在ニーズを満たしてあげることは読者の満足度に大きく関わります。

  • じゃあどうやって潜在ニーズを探せばいいんだ!
  • 潜在ニーズが沢山あるのに、どれにすればいいんだ!
  • そもそも、顕在ニーズの探し方も分からんぞ!

という感じかもしれませんが、

本記事では実際に検索意図を把握する手順も説明するので、ぜひ最後まで見ていってください。

さっさと具体的な検索ニーズの探し方を見たい!という人は以下のリンクから飛べますよ。

>>検索意図=検索ニーズを把握する3つの方法へ飛ぶ

【前提知識②】検索意図がSEOに役立つ理由とは【本質】

結論から言うと、検索意図=検索ニーズがSEOで役に立つ理由は、読者に刺さるコンテンツ作りができるから

検索意図を汲み取れると、相手の求めているニーズの更に上を行くことができます。

お客さんの求めていることを理解して、期待に120%答えていくような感じです。

相手に予想以上の満足感を持ってもらえるので、必然的にサイト集客も、ブログ収入を得ることも、アフィリエイトで成約件数をあげることにも役立つというわけですね。

WEBで成果をだしたいのなら、100%身につけておきたい必須スキルです。

検索意図の理解は、Googleの理念にも通じる

検索意図に120%答えることは、Googleの理念にも沿っています。

Googleが掲げる10の事実を見てみましょう。

10. 「すばらしい」では足りない。

たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。(一部抜粋・太字筆者)

出典:Googleが掲げる10の事実

上記のように、ユーザーが自分でも気づいていない、本質的なニーズに答えることを大事にしています

検索意図に120%答えて、ユーザーを満足させるコンテンツは、Googleの理念にも通じるのです。

記事は複雑な文法(機械にとっては)で書かれているのに、文章をそんなしっかり評価できるの?と思うかもしれません。

でも実際に、そう信じて記事を書き続けてきた結果、Googleはしっかり当ブログを評価してくれました

【単純】検索意図を調べる方法3つ【読者視点が必要】

検索意図は検索ニーズと同じ意味で顕在ニーズと潜在ニーズの2つがあり、検索意図を把握することが必須だということを解説してきました。

ここからは、実際に検索意図を把握する方法についてご紹介していきます。

調べ方を学んだら、自分で実際にやってみてください。

検索意図を調べるには、

  • キーワードの検索結果を調べる
  • Q&Aサイトで質問を眺めてみる
  • 過去の自分の顕在ニーズと、その後ニーズを思い出す

という3つの方法があります。それぞれ解説していきます。

①:キーワードの検索結果を調べる

まず1つ目の方法は、自分が書くキーワードの検索結果から調べる方法

例えばこの記事では、『SEO 検索意図 重要』で検索結果を表示してみて、

  • 記事の想定読者は誰なんだろう?
  • その記事はどんな潜在ニーズを考えているんだろう?

といった観点で検索意図を考えています。

特に潜在ニーズは自分で考えていても大変なので、私は検索結果で扱われている潜在ニーズをよく活用しています。

また、Googleのサジェストワードや関連ワードも、検索意図を調べるのに役立ちます。

サジェストワードとは、検索エンジンが「あなたは、これを求めてるのでは?」と提案するキーワードのことです。

上記のキーワードだと、ブログアクセスを増やす方法や、アクセス解析、アクセスと収入の関係性などをサジェストしてくれています。

サジェストキーワードは潜在ニーズではありませんが、キーワードがあともう一歩で決まる時に便利です。

②:Q&Aサイトで質問を眺めてみる

検索意図は、読者のリアルな悩みを想像することが大事でした。

Yahoo!知恵袋教えて!gooといったQ&Aサイトは、悩みの宝庫です。

例えば、Yahoo!知恵袋で「英語 勉強法」で調べてみると、6万件以上の質問が投稿されていました。

リアルなお悩みを見つけられるので、読者がどういう背景でググっているか、イメージしやすいと思います。

※検索窓の下は、広告が多いので注意です。

③:過去の自分の顕在ニーズと、その後に出たニーズを思い出す

私が最もよく使う方法です。

道具も必要ないので、何かの作業をしながらでもすぐにできますよ。

それは、『過去の自分の顕在ニーズと、その後に出たニーズを思い出す』方法です。

具体的な考え方は以下の通り。

  1. 『ブログの始め方を記事にまとめよう!』
  2. 顕在ニーズは、安くて簡単で信頼できるブログの作り方を知りたいという過去の自分のニーズにしよう』
  3. 潜在ニーズは…そういえば、ブログを作り終わった後の初期設定が分からなかったなあ、それにGoogleアナリティクスとかの設定で原因不明のエラーも出て困ったっけ…
  4. ブログを始めてすぐにやるべき事や、自分が体験したエラーへの解決法を潜在ニーズとして記事に入れよう!

上記のように、昔の自分が実際に感じた悩みを考えると、そのまま潜在ニーズとして使うことが出来ます

ある程度ブログ運営を継続した後に、是非使ってほしいテクニックです。

検索意図からSEOに効くコンテンツを作る方法

では、実際に検索意図を把握した後、そこから記事を作る方法を解説します。

検索意図は把握しただけでは意味がなく、記事にして初めて効果が表れます。

手順①:キーワードを選定する

検索意図を元に記事を書くには、キーワードが必要です(というか、記事には必ずキーワードが必要です)。

キーワードを決めないで記事を書くのは、情報の無い感想文を書くのと同じです…。

今まで何も考えずに記事を書いていた人は、SEOキーワード選定の方法を4つの手順で解説【選び方のコツ】を読んで、キーワードの選び方を身につけましょう

~記事執筆ちう~
もうしばらくお待ちください。

手順②:検索意図を把握する

キーワードが決まったら、検索意図を把握していきます。

検索意図は、本記事で既に紹介した、下記の方法で調べましょう。

  • キーワードの検索結果を調べる
  • Q&Aサイトで質問を眺めてみる
  • 過去の自分の顕在ニーズと、その後ニーズを思い出す

顕在ニーズと潜在ニーズの2つを調べることを、忘れないでください。

手順③:記事を書いて公開する

検索意図が把握できたら、記事を書いていきましょう

実は、検索意図に1つずつ回答していくと、そのまま記事の骨格ができます

以下は、本記事を例にした記事の骨格作りの手順です。

まず、検索意図は以下の3つでした。

  • 「検索意図はどんな風に役立つのか知りたい。」
  • 「検索意図を把握する方法が知りたい。」
  • 「検索意図を活用して記事を書く方法を知りたい。」

上の検索意図に対して、記事の骨格として各見出しを作っていきます。

  • 見出し1:SEOで検索意図が大事な理由とポイント【読者のニーズを満たせない記事に価値は無い】
  • 見出し2:検索意図を調べる方法3つ【読者視点が必要】
  • 見出し3:検索意図からSEOに効くコンテンツを作る方法

検索意図に1つずつ対応している、各見出しが完成です。

あとは、見出しに沿って本文をライティングして、図や画像を整えれば、検索意図を汲み取った記事が完成します。

ちなみに、キーワードの入れ方については、【ブログ】キーワードの入れ方とおすすめツールを解説【SEOで上位を狙おう】にて解説していますので、あわせてご覧ください。

~記事執筆ちう~
もうしばらくお待ちください。

検索意図を活用できれば、沢山読まれる記事が作れる

本記事の内容をまとめます。

  • 検索意図がSEOに役立つ理由は、読者に刺さるコンテンツ作りに必要だから。
  • 検索意図は、顕在ニーズと潜在ニーズの2種類がある。
  • 検索意図を調べる方法は、『検索結果で上位の記事の調査、Q&Aサイトのチェック、過去の自分の経験を考えること』の3つがある。
  • 検索意図を生かした記事を作るには、検索意図への回答を見出しにすればOK。

このような感じですね。

検索エンジンはどんどんアップデートされていて、検索意図にしっかり答えられない記事は、順位が落ちていきます

Googleの理念にもあるように、ユーザー自身も気づいていないような潜在ニーズを満たしてあげられるコンテンツを作っていきましょう。

初めにも言いましたが、検索意図に答えられるようになると、サイト集客が成功し、商品やサービスを売ることができるようになります。

この記事を読んで、検索意図を把握した記事作りを目指していきましょう!

では今回はここまで。

今後も当ブログでは、20代のための人生再スタートに役立つ情報を発信していきます!

収益化のための情報やスキルや、趣味として楽しむためのネタまで、幅広く発信していくので、良ければ当ブログのトップページから見てみてね!

>>記事を探しやすいトップページで記事を見てみて!

ばいっ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる