『click me!』やりたいことが何でも出来るWordpressテーマ-SWELL-『click me!』

モバイルファーストインデックス(MFI)移行後の影響・結果は?対策法も紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

お知らせ

当ブログはAmazon.co.jpその他のプロモーションを宣伝し、リンクすることによって紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された、アフィリエイトプログラムを含みます

皆様が購入する商品の価格はなんら変動するものではございませんが、

応援として、本や電子機器などの欲しいものを買う時に当ブログのリンクを経由して購入頂けると非常に励みになります

リンクを経由さえすれば商品内容は問いませんので、気が向いた時には是非よろしくお願い致します。

この記事を読むのにかかる時間: 4

 

近々全サイトをモバイルファーストインデックス(MFI)にするらしいけど、どんな影響があるんだろう?私のサイトは大丈夫かな…?

こんな悩みに答えます。

こんにちは。おもデジ!ライブラリのたこなまです。

ブログをやっていなければあまり知ることもありませんが、Googleは今でも頻繁に検索エンジンやその他サービスのアップデートを行っています

私のブログでも、ブロガーにとって重要なものについては記事に取り上げてきましたね。タグにもありますが主なものは以下。

年末にGoogleのコアアップデートはあるのか?

あわせて読みたい
Googleのコアアップデートは2020年中にあるの?担当者のオフィスアワーより
Googleのコアアップデートは2020年中にあるの?担当者のオフィスアワーより こんな疑問に答えます。こんにちは。おもデジ!ライブラリのたこなまです。2020年も終わりに近づき、クリスマス(ぼっち)とかお正月(福袋!!)というイベントが近...

動画に自動でキーモーメントが付く

あわせて読みたい
Googleが動画にも見出しを自動配置!ブログは必要なくなるか?
Googleが動画にも見出しを自動配置!ブログは必要なくなるか? こんにちは。おもデジ!ライブラリのたこなまです。Googleがオンライン開催したSearch On 2020というイベントでは、検索にかかわるさまざまな機能や改良が発表さ...

検索エンジンが記事の1部だけを表示するようになる

あわせて読みたい
Googleのインデックスが進化!検索エンジンが記事の1部だけを表示するようになるよ
Googleのインデックスが進化!検索エンジンが記事の1部だけを表示するようになるよ こんにちは。おもデジ!ライブラリのたこなまです。このブログでは色んなテーマの記事を書いていますが、この度新シリーズの登場です。シリーズ第1回目の今日は、...

今回も、ブロガーなら知っておくべき「モバイルファーストインデックスに向けて備えること」について、いつも通りササっとフランクに紹介したいと思います。

ではいこう!

[toc]

目次

【結論】スマホ表示に対応しているからといって安心はできない

結論です。

Googleは2021年3月に全サイトをモバイルファーストインデックスにすることを発表しています。

そして、「その後も安定して検索エンジンに自分のサイトを上位表示させたいのならスマホ表示対応だけでは不十分」になると考えられます。

その点について、備えること含めて紹介していこうと思います。

モバイルファーストインデックス(MFI)への移行で起こる意外な具体的内容2選

ご存じの通り、Googleは2021年3月末にすべてのサイトをモバイルファーストインデックス(MFI)へ移行することを発表しています。

でも、モバイルファーストインデックスは具体的になにをすることなのか、それを始めに紹介しておこうと思います。

なぜなら、そこを紹介することで結論で述べた「検索エンジンに自分のサイトを上位表示させたいのならスマホ表示対応だけでは不十分」な理由を理解しやすくなるから。

モバイルファーストインデックスの名前だけを知っていた人には意外なこと2選です。

パソコン(PC)用Googlebotはクロールを続けるが…

実は、全サイトがモバイルファーストインデックスに移行した後でも、パソコン用Googlebotはウェブページのクロールを続けます

え、廃止になるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、違います。

確かにモバイルファーストインデックスでは、すべてのサイトのメインクローラがスマートフォン用Googlebotになって、スマートフォン用Googlebotがクロールしたページをインデックス&ランキング決定をするようになります。

要するに、パソコン用Googlebotはページのインデックスもしないしランキングにも影響しなくなります

でも、Googleはパソコン用Googlebotを廃止せずに使い続けるのです。

理由はいくつかあって一番は「検索以外でまだ使うから」というのが主な理由みたいです。

とはいえ、結論としてはパソコン用Googlebotはランキングでは活用されなくなるので、スマートフォン用Googlebotに完全対応したサイト作りが必要になります。

スマホ用の表示があることは必須ではない

スマートフォン用Googlebotがインデックスやランキングに使われるなら、スマホ用の表示がないとだめなのかな?と思われがちです。

でも実は、スマホ用の表示が無くても、スマホでページを見ることが出来るのであればインデックスはしてもらえます

なんで?って感じですが、当然のことながらスマートフォン用Googlebotはスマホ用のインターネット環境をクロールします。

なので技術的に正確に言えば、スマートフォン用Googlebotがクロールできないページが、インデックスされなくなります

別にスマホ対応しているかどうかでインデックスしたりしなかったりするわけではありません

そんなことをすれば、何をもってスマホ対応しているかという定義を細かくしなければいけませんからね。

というわけで、表示がパソコン用だろうと何だろうと、スマホで表示さえできれば今までと同じようにインデックスはしてもらえます。

ただ、注意してほしいのはランキングを決める基準がスマホ表示を前提にしたものになること

つまり、スマホ表示ができればインデックスはしてもらえますが、今までと同じ順位でいられるかは別問題なのです。

例えば、パソコン表示では豊かなアニメーションですごく使いやすいサイトでも、スマホ表示ではアニメーションが邪魔にしかならない場合、表示順位は確実に下がるでしょう。

モバイルファーストインデックス(MFI)への移行で備えておくべきこと

モバイルファーストインデックス(MFI)が具体的に何をやることを指すのか、ぼんやり理解できたでしょうか。

纏めて再確認するとこんな感じ。

  • パソコン用Googlebotの影響はなくなり、スマートフォン用Googlebotがインデックスやランキング決定を行うようになる
  • ランキング決定の基準が「パソコン表示での良さ」よりも「スマホ表示での良さ」になる

以降では、モバイルファーストインデックス(MFI)に備えておいたほうがいいだろうな、ということについて紹介していきます。

できる限りレスポンシブデザイン以外のスマホ対応策は使わない

まず、レスポンシブデザイン以外の手段でスマホ表示に対応するのは出来るだけやめた方が良いでしょう。

レスポンシブデザイン以外のスマホ対応策とは例えば、スマホ表示とパソコン表示で異なるファイルを読み込んだり、スマホ表示とパソコン表示で異なるURLにしたりといったことです。

先ほど言ったように、スマートフォン用Googlebotがクロールできないページがインデックスされなくなるので、パソコン表示とスマホ表示で異なるコードを読み込むタイプの対応策ではパソコン表示のページは存在しないものとして扱われてしまいます。

といっても現在ではほとんどのスマホ対応サイトはレスポンシブデザインかもしれませんが。

どちらかというと、以下で説明するほうが、色々なサイトにとって備えておくべきことかもしれません。

スマホでの表示を最適化する

スマホ表示の最適化は、恐らく多くのサイトに当てはまる課題です。

先ほども言ったように、モバイルファーストインデックス(MFI)後のランキングでは「スマホ表示としての良さ」が重要な指標になると考えられます。

ということは、今まではパソコン表示でそれなりに見れていたサイトも、スマホ表示ではあまりよくないと判断される可能性が高いということです。

スマホで表示が出来ていても、以下のような場合は評価が下がるかもしれません。

  • 文字が小さく、見にくい
  • 広告が画面に対して大きすぎる
  • スマホ表示では省略している要素があれば、それはないものとして扱われてしまう
  • 画像が小さい、または大きい
  • サイトの横幅がスマホの画面からはみ出る

スマホは小さな面積に適切に情報を配置する必要があるので、この辺の調整は古くからあるサイトほど大きなデザインの変更が必要になるかもしれません。

備えは早い方が良い

モバイルファーストインデックス(MFI)に備えてやっておいた方がいいことを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

聞いてみれば当たり前のことだと思うでしょうが、スマホ表示の最適化に関しては、確認しすぎて困ることはありません

また、評価の反映には時間がかかるものなので、出来るだけ早く備えをしておいた方がいいでしょう。

【まとめ】モバイルファーストインデックス(MFI)後にはいいこともあるかもしれない

今回は、モバイルファーストインデックス(MFI)への移行の具体的な内容、それに対する備えを紹介しました。

これだけ聞くと、スマホが普及してるのは分かるけど、なんでこんな面倒臭いことを…と思うかもしれません。

ただ、モバイルファーストインデックスへの移行には確実に良いこともあると、私は確信しています。

それは、ライバルが減ること。

どういうことか説明しますね。といっても簡単ですが。

モバイルファーストインデックスへの移行がされると、スマートフォン用Googlebotでクロール出来ないページはインデックスから消えるといいました。

また、世の中にはスマホで表示されない古いサイトは無数にありますよね。

この2つの事実からは、スマホで表示されないページはインデックスから削除され、ある意味インデックスがリフレッシュされることが分かります

もうわかりますね。インデックスへの登録数が減るということは、ライバルが減ることと同じ、というわけです。

これは言い換えると、これまでの10数年間でレッドオーシャン化していたインターネットの世界が、ここでいったん整理されるということです。

かつてインターネット上にサイトがあまりなかった時代は、確実に今よりは上位表示やSEOが簡単だったはずです。

それに近づくと考えれば、モバイルファーストインデックスへの移行はとても良い変化だといえるのではないでしょうか。

まあなんにせよ起こると分かっていることなので、しっかり準備をしといて他の人とは差をつけたスタートダッシュを切りたいものですね。

では今回はここまで。ばいっ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる